金融機関向けサービス

  1. HOME
  2. サービス
  3. 金融機関向けサービス

金融機関向けサービス一覧

支援業務内容は、下表のとおりです。
いずれの領域においても、統計モデルを活用し、リスク推定とマーケティング両輪での支援を展開しています。

コンサルティング

領域支援業務
コンサルティング リテール無担保ローン推進支援業務
無担保ローンモニタリングと収益性評価
住宅ローン推進支援
住宅ローンモニタリングと収益性
顧客LTV分析支援
デジタルマーケティング支援
事業性 一般事業性融資推進
不動産賃貸融資推進
その他クレジット・リース・信販用モデル
システム 簡易審査システム
個信照会システム
デジロン

コンサルティング

無担保ローン推進支援業務

  • 販売を行うための審査モデルを構築し、推進支援を行います。
業務内容
事前与信モデル口座の取引振りからリスク評価を行い、事前に与信額を設定するモデル構築(国内約50の金融機関で稼働)
ローン契約者の返済振り/取引振りからリスク評価するモデル構築
リスクランクから事前にクレジットラインを設定する業務
初期審査モデル申込者の「申込書・個人信用情報・行内情報」から審査を行うモデルと審査ロジック構築
ローンニーズモデル口座取引振りからローンニーズを推定するモデル構築
推進支援上記モデルを活用したターゲティング、及び、効果分析
リスク評価から初期審査基準を調整
カードローン途上与信支援枠上げ(極度増額)の審査基準設定
枠上げ可能対象者リストの作成

無担保ローンモニタリングと収益性評価

業務内容
審査状況確認
  • 審査システムフローでの申込~システム承認(審査モデル×外形基準)~最終諾否(審査官の判断)~契約に至る過程を確認します
<確認事例>
  • 審査システムフロー内で承認率を下げている要因
  • システム承認先が、審査官の判断により否認となっている割合
  • 最終承認先が契約に至っている割合
審査モデル検証現在稼働している審査モデルの精度を検証します
<その他確認事例>
  • モデル採用変数の検証
  • モデル採用変数以外で有用な変数の探索
  • 諾否判定ラインの検証
外形基準検証現在設定している個人信用情報や属性情報に基づく外形基準(注意・否決)が適切な水準か検証して、承認率を向上させるための水準変更を提案します
グループ収益評価グループ保証債権と外部保証債権の収益性を評価して、グループ全体の収益を向上させるための施策を提案します

住宅ローン推進支援

  • 住宅ローン販売を行うための審査モデル構築、及び、推進を行います。
    また、実行債権に対する、当局対応や経営管理のための収益性評価
    さらに積極的にクロスセル展開するための顧客評価、及び、ターゲティング
業務内容
住宅ローン初期審査モデル申込者の「申込書・個人信用情報・行内情報」から審査を行うモデル構築
長期取引の収益性/リスク評価支援
債券ポートフォリオ
収益性評価
実行後案件について、多様なリスクをモデル化し中長期の収益性を評価支援
住宅ローンコンソーシアムデータのプール化(標準データ)運用
標準データレポート作成

住宅ローンモニタリングと収益性評価

業務内容
審査状況確認
  • 審査システムフローでの申込~システム承認(モデル・外形)~最終諾否(審査官の判断)~実行(契約したか)に至る過程を確認して評価します
<例>
  • 申込100に対して、どの時点で否認となって承認率を下げているか?
  • システム承認先が、審査官の判断で、どの程度否認になっているか?
  • 最終承認した先が契約に至っているか? etc..
審査モデル検証現在稼働している審査モデルの精度を検証します
  • スコアリングモデル精度(弊社経験値との比較報告)
  • モデル採用変数の評価
  • その他、データからモデルに用いたら有用となる変数の探索
  • 諾否判定ラインの評価
審査基準検証
(外形基準)
現在設定している外形基準が適切か、設定条件別にデフォルト率を評価して、承認率向上を図るための提案を行います
※転職経験、返済比率、債務比率での足切り基準など
グループ収益評価グループ保証債権、外部保証債権の収益性を評価して、グループ全体の収益評価を行い、収益を向上させるための施策について提案します

顧客LTV分析支援

  • 顧客単位の収益を評価します。
  • メイン化に至る過程の分析を行い、クロスセル推進に繋げる支援を行っています。
    • 顧客のクラスタリングや営業推進時の顧客抽出に活用します。
    • その他では、住宅ローン契約先の付帯取引や収益状況を分析し、低金利下の住宅ローン獲得が収益に結び付くか検討します。
業務内容
取引成長性評価
(LTV評価)
長期的な顧客の取引遷移、クロスセルでの収益性を評価

デジタルマーケティング支援

  • ローン販売においても、近年、急速にWEB申込割合が増えてきており、それに対応するため、購買ニーズやサイトの閲覧履歴等、デジタルデータを分析し、効果的なターゲティング/広告配信支援を行います。
業務内容
Google Analyticsキーワード分析
サイト内遷移履歴
DMP外部サイト閲覧履歴と購買履歴を分析し、どのようなサイトを辿っている顧客が申込んでいるかを分析し、似たような経路を辿る閲覧者に対して広告を打つ(オーディエンス拡張)
口座取引無し先へのアプローチに有効
初期審査システムデータ申込情報の資金使途情報を活用した、リスティング広告時の購入キーワード分析

一般事業性融資推進

  • 事業性ローンへの積極的な展開を支援します。
業務内容
企業格付評価モデル財務格付、債務者格付評価モデル
ローン審査モデル個人事業主、小規模事業者向けの財務情報、取引情報を用いた審査モデル
与信枠評価モデル取引振り、財務情報を活用して事業性ローンの与信枠を設定するモデル
事業性資金ニーズモデル資金ニーズを図るモデル
財務診断モデル3年分決算書を利用し、収益性、成長性、安定性判断と企業の強み、弱みを業種、規模に応じた診断を行う
財務アラームモデル決算書から資金繰り/信憑性/体質の変化度合いに応じて、アラームを発動するモデル

不動産賃貸融資推進

  • 不動産賃貸事業者向けのモデルを構築します。
業務内容
アパートローン
初期審査モデル
担保価値、事業採算を勘案した初期審査モデル
アパートローン預貸
アラームモデル
融資実行後の預貸取引振りからリスク推定する、途上管理モデル
現在正常返済されている取引先の中から、延滞予兆のある先にアラームを発動し、事業再生プランを提案

その他 クレジット・リース・信販用モデル

  • 銀行グループ会社向けのモデルを構築します。
  • 銀行経営管理ツールを提供します。
業務内容
クレジットカード
入会審査モデル
銀行系クレジットカード会社向け
クレジットカード
途上管理モデル
銀行系クレジットカード会社向け
リース契約審査モデル契約先財務、契約案件の価値を考慮した案件審査モデル

システム

簡易審査システム

業務内容
機器の設置後、すぐに利用可能
  • ご契約から最短で翌月、設置した日からすぐにご利用いただけます(*1)
  • ハードウェアやソフトウェアのライセンス調達も弊社で行います
  • PCに接続可能なローカルネットワークさえあれば工事もなく設置することが可能です
  • サーバーは100V電源のタワー型も用意可能なため特別なマシン室がなくても利用可能です
倉庫に積んである山のような書類から解放
  • スキャンした書類をシステムに取り込むことにより、電子化することが可能です
  • 山のようにある書類の中から探す手間なく、すぐに取り込んだ書類の閲覧・印刷が可能です
実績豊富なリスク計量モデルを標準実装
  • 65社を超える金融機関へのモデル導入実績を誇る弊社が構築したリスク計量化モデルをオプション契約無しでご利用頂けます
  • これにより、定量評価され、適正かつ迅速な審査が可能です
申込・審査情報をいつでも有効活用可能
  • 申込・審査データはCSV形式で出力が可能です
  • 申込件数、承認率、否決理由など様々な分析に活用頂けます
  • また、経験豊富な弊社のコンサルタントが様々なサポートを致します
  • 分析サポート、コンサルティングサービスも提供致します
多大な初期費用は不要
  • システム導入する際に一番のネックとなる多大な初期費用は不要です
  • 月額ご利用料をお支払い頂くことによって、すぐにご利用頂けます
  • また、機能・操作をご納得いただくために一時的な貸出(*2)も致します
個信回答結果の自動名寄せ・サマリーが可能
  • 自動的に名寄せ・サマリーした結果を表示します
  • 異動情報、延滞情報、借入金額などを分かりやすく整理していますので、審査業務に集中できます
  • KSC, CIC, JICCの3つの信用情報機関に対応しています
  1. (*1)個信照会は信用情報機関との接続試験および本番切替作業完了後に利用可能です。信用情報機関への接続には所定の工事が必要になります。
  2. (*2)機能確認用のため、実機とは異なるノートPC型を貸出致します。

個信照会システム

業務内容
3つの信用情報機関に対応
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3つの信用情報機関に対応しています
素早く個人信用情報を取得し結果を蓄積
  • リアルタイム接続(EDP接続/CPU接続)方式で信用情報機関と通信を行いますので、個人信用情報を与信業務に素早く活かすことが出来ます
  • また個人信用情報の結果はデータベースに蓄積されますので過去の与信時の状態も確認可能です
複数信用情報機関の回答を自動で名寄せし集計します
  • 複数の信用情報機関の回答を自動で名寄せ(重複債権情報の排除)し契約の件数、残高の合計、異動情報や延滞情報の有無などの集計を行いますので、与信業務における個信情報の負荷を大幅に軽減出来ます
類似情報も合わせて集計を行います
  • 類似情報の再照会結果も含めて自動で名寄せして集計を行いますので複数件の照会結果も与信業務に簡単に活かすことが可能です
1台のサーバでの運用も可能です
  • 信用情報機関との通信機能や個信情報の集計機能、WEB画面機能、データベース機能など、システムすべての機能を1台のサーバーで実現できます
  • 過度な設備投資は必要ありません(※1)
AI「デジタルローン」で与信対象者を評価します(※2)
  • 個人信用情報の結果だけで少額無担保(極度額100万円以下)商品の与信を想定した高い精度の審査指標をAI「デジタルローン」が提示します
  • 少額無担保商品の与信にはAI「デジタルローン」が即戦力になります
  1. (※1)信用情報機関との接続に必要な専用回線やルータ、ネットワーク機器などは別途必要になります。
  2. (※2)"デジタルローン"の利用には別途"デジタルローン契約"が必要となります。

デジロン

業務内容
精度の高いAI「デジタルローン」「デジタルローン」は、個人信用情報の分析評価に特化したAIです
  • 個人信用情報だけで少額無担保(極度額100万円以下)商品の与信を想定した評価結果を数秒で算出します
  • 精度の高い評価結果が出ますので「デジタルローン」の結果だけで諾否を判断することも難しくありません
  • AIに判断を任すことで審査者の属人性を排除出来ることも大きなメリットです
4つの評価結果(審査指標)で分かりやすく結果を提示「デジタルローン」は個人信用情報を分析し4つの評価結果を提示します。
  • <評価結果(審査指標)>
    1. デジロン極度額(融資可能と判断した極度の上限額)
    2. デジロンランク(11段階で評価した個信情報の格付け)
    3. デジロンスコア(1,000点満点で評価した個人信用情報のスコア値)
    4. デジロンPD(融資実行時に想定されるのデフォルト率)
  • 評価結果は審査システムなどへの連携も出来ますので、既存の与信ルールに「デジタルローン」を活かすことも可能です
AI「デジタルローン」はFEGの個信システムに実装済(※1)
  • FEGの個信照会システムにはAI「デジタルローン」が実装されています
  • 与信業務の一環として個人信用情報を取得するだけで、合わせてAI「デジタルローン」で評価された結果を得ることが出来るためシステムへ投資を削減できます
コンサルティングのサポートも可能
  • 「デジタルローン」を活用するにあたり経験豊富な弊社のコンサルタントが様々なサポートを致します
  • AIの評価が心配な場合には、コンサルタントが与信の分析サポートやコンサルティングサービスなどをご提案させて頂きます
  1. (※1)"デジタルローン"の利用には別途"デジタルローン契約"が必要となります。