社員紹介

YN

  • YN
  • 2004年新卒入社
  • システム本部

入社の経緯

学生時代は法学部で、数学はもちろん統計とも無縁でしたが、インターネットは好きで、趣味で CGI などのプログラミングはかじっていました。もともと弁理士を目指していたのですが、資格取得のためには、法律に加えて理系の専門分野が必要になります。そこで、趣味のプログラミングを生かして、IT業界へ就くというイメージだけはおぼろげにありました。

数あるIT企業の中から、顧客常駐型のSIerやネットワーク系ではなく、FEG を選んだのは、インターネットユーザとして、「これからはデータ活用の時代」だと常々感じていたからです。FEG は当時から、データの取り扱い方で際立っていたので、私自身もそれを追求していきたいと考えたのです。

これまでのキャリア

YN

入社して、まずは、既存システムの保守や社内システムの管理などを担当し、システムを一から学びました。徐々に開発現場の経験を積ませてもらえるようになると、「こいつ何も知らないな(笑)」とは思われていたでしょうが、周囲のサポートのもと、楽しく仕事させてもらいました。

これまでのキャリアで印象深いのは、無担保融資の審査システムをスクラッチで開発した案件です。入社してからも弁理士という進路は頭の片隅にはあったのですが、この案件で、ものづくりのやりがいに目覚めてしまい、すっかりエンジニアとして身を固めてしまうほどの達成感があったのです。

仕事のやりがい

システム部門は、金融機関のお客様を中心に、コンサルティング部門の作ったモデルをシステムに実装、他システムと連携、帳票やUIの設計・開発を担当しています。

融資のシステムに携わるということは、間接的には社会へ貢献することだと思っています。たとえば教育ローン一つとってみても、私たちの技術を活用することで、学費を必要としている人に、必要なだけ資金を提供できれば、一人の学生の人生を支えることにつながります。それを安定的なものにするのが私の使命だと、心がけているところは少なからずあります。

さらに身近なところで言えば、お客様の事務負担が軽減され、使って満足してもらえると嬉しいです。システムって無機質なものに思われがちですが、作り手のホスピタリティ次第で、お客様の仕事量は変わってくるものなのです。

だからこそ、私は開発段階、サポート段階問わず、「かゆいところはありませんか」の精神で向き合っています。お客様と直でやりとりしているため、業務の高度化の相談を受けることもしばしば。プレッシャーもありますが、その分、喜びもひとしおです。

今後の目標

YN

エンジニアにとって、設計やプログラミングはできてあたりまえで、いかにミスをなくしていくかが、永遠の課題だと言えます。ミスの原因はほとんど、コミュニケーションの齟齬に起因すると思っています。だからこそ、「いかに正確に伝え合うか」という基本を忘れず、驕らず、謙虚に取り組み、これからもものづくりの醍醐味を満喫していきます。

1日の過ごし方

メッセージ

YN

大学卒業以来、この会社でしか働いたことのないので、他社との細かい違いはわかりませんが、少なくとも FEG が「変わった会社」だということだけは確信しています。

ベンチャーのような自由闊達さもあり、それでいて、慌ただしさはなく、落ち着いた雰囲気で仕事に取り組めます。私たちシステム部門は金融業界としては珍しく、常駐せずに自社で開発しているので、アウェイ感もありません。

また、独自の技術を持っているゆえですが、自らお客様と折衝し、正しい手順で無理なくサービスを提供できるため、いわゆる火事場とは無縁なことも特筆すべきことでしょう。

何より、独自の技術に裏付けられて、システム部門もコンサルティング部門も皆、アウトプットに自信を持っている、誇りを抱いているというのは、会社として強いんじゃないかなと常々思っております。

ページの先頭へ戻る